2007年02月14日

東地中海遺跡巡りツアー(二日目)

かなり間が開いてしまいましたが、ラドリック観光主催の東地中海遺跡発見ツアーの二日目です(汗

今回の参加者は、レヴィローズさん、Lailaさん、養殖おりびあさん、Julian卿の4名でございました。ナポリで「奇岩の宗教都市」(発見物カッパドキア)を受けて出航、途中Julian様と合流しつつアナトリア高原を目指したのですが・・・・







トルコ北岸に降り立ち、ガイドである私の先導で奥地であるアナトリア高原へと向かいます。途中、迷子スキルが発動するものの(・・・)そこは一流のガイド、「冗談ですよ」とごまかしつつ、見事奥地への入り口に到着。そして、アナトリア高原に入り、まずは奥地の説明です。

ラドリック>ちなみにこのアナトリア平原はいろんなん物の宝庫でして
ラドリック>採集で蜻蛉玉やスイセン
ラドリック>探索で銀細工などが出る事があります
Julian>ほほう
養殖おりびあ>なんで知ってんだ…
養殖おりびあ>そして速攻掘るじゅりやんに浅ましさを見た
ラドリック>銀細工は自力で確認いたしました
Julian>うるさいなーw


Julian卿は銀細工に目が眩んで・・・・いや、古代の銀細工を学術的に調べる為に探されたようですが(ぇ)残念ながら見つからなかったようです。

養殖おりびあ>ラドさん採集ないじゃない?
レヴィローズ>トンボだまげっとー
ラドリック>採集の方はレヴィ様に教えていただきました
養殖おりびあが探索スキルを発動しました
レヴィローズが採集スキルを発動しました
養殖おりびあ>しってるのはすげーな、と
レヴィローズが採集スキルを発動しました
ラドリック>ガイドですから
養殖おりびあ>??
ラドリック>それでは欲望全開の皆様、そろそろよろしいでしょうか?w
レヴィローズ>あげようw
Julian>w
養殖おりびあ>さんくーw
Julian>まったく、皆浅ましいことだ
ラドリック>では、発見いたします
レヴィローズ>アナトリア土産。


と、皆様の欲望を押さえ込みながらカッパドキアを発見。そして、イスタンブールで「ラムセス二世の神殿」(発見物アブ・ジンベル神殿)を受け、うちの商会長曰く「脳筋ファラオ」であるラムセス二世神殿を求め、アレクサンドリアから一路ヴェネツィアへと向かいます。そして・・・・ヴェネツィアについたその時、事件は起こったのです!

Julian>ガイドさん
ラドリック>はい、何でしょうJulianさま
Julian>ナイル上流で再会しましょう…
Julian>どうやら、アレクの出航所役人を
ラドリック>お急ぎですか
Julian>すっ飛ばした模様。
Julian>_| ̄|○
ラドリック>・・・・・・・
Laila>^^;
養殖おりびあ>さすがです先生…
Julian>情報の4つめは
Julian>皆さん
Julian>出航所ですよね?
ラドリック>そうですね
Julian>ひゃっはーw
養殖おりびあ>ヒャッハァァァァ
レヴィローズ>追従してたかなんかで情報とれなかったのかな…?
Julian>教訓:追従は危険
Laila>ひゃっはー
ラドリック>申しわけありません、どうも私のガイドがいたらなかったようで・・・・
レヴィローズ>きゃっはー
Julian>ご迷惑をおかけして申し訳ありません
ラドリック>・・・・・・・・・・・・・・・
ラドリック>ヒャッハ〜!!(壊
Laila>ww
Julian>そ、そういうわけで、ゴールまでには追いつきます、たぶn
養殖おりびあ>そうか!わかったぞキバヤシ!
Julian>また会おう、友よ!
Julian>うあーんつД`)
ラドリック>皆さんのお時間がよろしければ
レヴィローズ>ジュリくんガンバレ!
Julian>いあ
Julian>貴重な週末の夜
養殖おりびあ>これはラドリックのガイドを邪魔しようという
ラドリック>こちらで地図を出しつつお待ちしますが・・・如何でしょう?
Julian>先にお進みください
レヴィローズ>ナイル上流の地図〜♪
養殖おりびあ>ジュリアンの陰謀だったんだよー!
養殖おりびあ>ラーの目?
Julian>やばい……
レヴィローズ>財宝鑑定の。
Julian>うっかりスキル発動してしまた
養殖おりびあ>というわけで
ラドリック>ターコイズですね
養殖おりびあ>ジュリヤン君はがんばって往復ダヌー


ガイド一筋○十年のラドリック、一生の不覚!!(大嘘

アレクの出航役人の情報を聞いたかどうかの確認を怠ったらしく、Julian卿にアレクに戻っていただく羽目に・・・・・本当に申し訳ない(汗

そして、Julian卿がヴェネツィアに戻った所で、ナイル上流を目指して出航、無事にアブ・ジンベル神殿を発見しました。


今回のガイド格言 「情報を得たかどうかはちゃんと確認しよう」(ぇ
posted by ラドリック at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。