2007年02月01日

東地中海遺跡巡りツアー(一日目)

こんばんは、ラドリックです。

先週末にラドリック観光プロデュースの東地中海遺跡巡りツアーを行いました。最初は2〜3人で行く予定だったのですが、希望者が増えたので最終日は二艦隊で行く事となりました、嬉しい限りです^^

というわけで、ツアーの内容をダイジェストでお届けまします。


まずは一日目

参加者がレヴィローズさんだけという事で、まずはマルセイユで「見果てぬ夢」(サロニカ奥地のヴェルギナ遺跡視認)を受けて一路サロニカへ。

実はこのクエには思い出がありまして・・・・昔、視認が−3の状態でこのクエを受けまして・・・・ログをあさると・・・・なんと100回以上も視認をしてました(汗

まあ、今回は条件を満たしていたのでさくっと発見。今度はギザのピラミッドの調査(カイロ対岸、ギザのピラミッド視認)を受けるためにイスタンブールへ・・・・そして、そこで我がカフェが誇る○○紳士・・・・もとい、英国紳士Julian卿を拉致って、三人でピラミッドを見に行きました。クエ自体は簡単なもので、あっさりと発見したんですが・・・・イスタンで出会ったときからJulian卿がおかしな行動を・・・・


レヴィローズ>ジュリアン卿だー
Julian>こんばんは、お嬢さん。
レヴィローズ>Σ 着替えてる。
ラドリック>皆様、真正面を見てください
Julian>貴女の前でしたら正装しますとも。
ラドリック>これが、イングランドが誇る○○紳士、Julian卿でございます
レヴィローズ>かぼちゃぱんつ風味な…。
ラドリックはJulianを指差した
Julian>……
Julian>レディ
ラドリック>以上、ラドリック観光の説明でした
fuugo>ン
レヴィローズ>ww
Julian>エスコートを頼む相手はお選びなさい。
レヴィローズ>ちゃんと選んでますよ?
Julian>彼の
ラドリック>だそうです、Julian卿
レヴィローズ>ジュリアン卿にエスコートを頼むと
Julian>ああ
レヴィローズ>酒場のお嬢さんたちに恨まれそうですわ
Julian>うごいたらだめーんw
ラドリック>ネタにはさせんw
レヴィローズ>・・・ナニシテルンダロウ。
Julian>ちw



何故か、私と絡もうとするJulian卿・・・・・でも、何とかその場は阻止してたんですが・・・・ギザのピラミッドを発見して、ツアー終了の報告と次の日のお知らせをしていたその時!事件は起こったのです!


ラドリック>今日はラドリック観光をご利用頂きまことにありがとうございました
ラドリック>次回のご利用を心よりお待ちしておりますw
レヴィローズ>あー…、
レヴィローズ>おつかれさまでした〜♪
Julian>ありがとうございました
ラドリック>なお、明日もツアーを開催する予定ですので
ラドリック>Julian卿も、お暇ならどうぞ〜
レヴィローズ>せんせー
レヴィローズ>明日はどこ集合ですかっ
Julian>ありがとうございます。
ラドリック>明日は
Julian>ラド卿
Julian>美形だわぁ

レヴィローズ>Σ
ラドリック>「異教徒から隠された聖地・・・カッパドキアと、ナイルの英雄ラムセス二世を偲ぶ・・・悠久のナイル川視認ツアー」となっております
レヴィローズ>惚れたひとがいるようです。
ラドリック>出発はナポリとなっておりますので
Julian>貴方の髪がもっと淡い色だったら、もっとステキだったのに
Julian>と、よく言われるでしょう。
ラドリック>お間違えなく
ラドリック>・・・・・・
ラドリック>Julian卿
レヴィローズ>なんかジュリアン卿が、お兄様を口説いてるように見えるのは
ラドリック>ゴミ箱朝って欲しいですか?
レヴィローズ>私の気のせいではないよね!!
ラドリック>漁って
Julian>……ゴミ箱は
レヴィローズ>報告しなきゃ!
Julian>すぐ空にしましょうよw
ラドリック>・・・・・・Julian卿が冗談言うから
ラドリック>レヴィさん報告に行ったじゃないですか・・・・w
Julian>普通そこは
Julian>「あんたら同じ顔やん!」と突っ込むべきところでしょう
ラドリック>だそうですがw
レヴィローズ>同じ顔は顔で
Julian>おまたせしました。
ラドリック>k?
Julian>k
レヴィローズ>ナルシ・・・(以下自主規制
ラドリック>でも、同じ顔と言う事は
ラドリック>ラウル=黒Julianという方程式が・・・・
Julian>残念ながら、それはないのですよ、卿。
Julianはボラを釣り上げました
Julian>理由はふたつ。
Julian>ひとつは、Julianはサー・ラドリックと違い知名度が低い。
Julian>ふたつめは
レヴィローズ>ふー、軽く報告終了。
ラドリック>・・・・・・・・・w
Julian>どこに、なにをw
レヴィローズ>どっかに、なにかを。


Julian卿・・・・・女性には独自のネットワークと言うものがあるのですよ・・・・そのために何度危機を迎えたか・・・・(ぇ



とにかく、ここで宣言しときます。私はJulian卿と違ってそっちのケはございません(マテ


というわけで、続きはまた後日・・・・・
posted by ラドリック at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。